MENU

即日入金の振込キャッシングが便利です

即日入金キャッシングが人気です!

 

急な出費の予定ができて「お金が足りない〜」って時は誰にでも訪れるシーンです。そんな時、心強いサービスがキャッシングです。最近のキャッシングサービスはイチイチ自動契約機や店舗やATMに行かなくても、即日で振込入金も可能です。

 

来店不要で自分のお手持ちの口座に入金されるから本当に楽ちんです。今スグ支払いしないといけない所も振込キャッシングされた後、スピーディーに支払いが済ますことができるので相手の信用をなくしたりすることもありません。

 

キャッシングは本当に使いようです。知名度のあるキャッシングサービスなら安心して利用できます。借り過ぎはよくないですが、定期的な収入がある方なら自信を持って審査申込みをしてみることをおすすめします。即日入金に完全対応している当サイトおすすめのキャッシングサービスをランキング形式でご案内します。ぜひチェックしてみてください。

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら、24時間最短10秒で即日振込みも可能!(手数料無料)
  • 初めての借入翌日から適用の30日間無利息があります!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 50万まで所得証明不要で振込

実質年率 4.5%〜17.8%
融資限度額 500万円
評価 評価5

レイクALSA

レイクALSAの特徴

  • 最短60分融資も可能
  • 選べる2つの無利息
  • カードレスで借入可能
  • ATM手数料0円

実質年率 4.5%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円
評価 評価4.5

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

  • 来店不要で即日入金も可能!14:50までの振り込み手続き完了で即日入金も可能!(審査結果ににより不可の場合もあり)
  • WEB完結申込なら職場への電話連絡もないので誰にも知られずにキャッシングしたい方にもおすすめです!

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価4

アイフル

アイフルの特徴

  • 最短30分審査!即日融資可能!
  • はじめての方は、30日間利息0円サービス実施中
  • 大地真央さんのコマーシャルでおなじみの消費者金融
  • 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円以内
評価 評価3.5

アコム

アコムの特徴

  • 24時間、土日も銀行振込可能(金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。)
  • 楽天銀行に口座をお持ちなら24時間、最短1分で入金完了!(手数料無料)
  • はじめての方は、30日間無利息!
  • 50万まで収入証明不要で振込※ (※・アコム利用限度額が50万円以下・アコムご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円以下・既にご提出済みの収入証明書が3年以内の場合)

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価3

 

★即日カードローンをクレカ機能付きで選ぶならACマスターカード!★

 

最短即日発行でクレカが作れる!なかなかありそうでないですよね!ACマスターカードなら可能です!一定の収入があればパート・アルバイトでもOK!年会費も無料!
クレカのデザインも「アコム」の記載がなく、スマートです!1枚持っておけば本当に使い勝手がいいです!

 

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードの3秒診断はこちら!

#即日入金

即日入金でいくら借りられるか

即日入金

即日融資は小額融資が目的です。金融会社のパンフレット、街頭広告、インターネット広告では最大1000万とありますが100パーセント満額融資はありえません。もっとも同じ金融機関で何度も実績があれば少しは貸出額の割り増しに応じてくれます。他の方法としては不動産などを抵当に差出し貸し出し枠を設けてもらうことです。

 

それを根抵当権設定といいます。根抵当設定がされていれば例えば1000万円に設定されていれば1000万円までは即日融資も可能です。根抵当権は設定枠なら何回も返済借り入れができます。初めて申し込んで貸してくれるのは身分によっても取引実績によっても違います。いつの時代でも公務員と有名企業会社員は優遇されていますから、金融機関が明示している上限満額は可能かもしれませんし無理かもしれません。

 

これだけは経験者に聞いて見なければ断言できません。はっきり断言できる事は50万円までは可能でしょう。もっともこれも誰にでもという訳にはいかないでしょう。先述しましたが貸し出し対象を限定している金融機関が殆どです。貸し出し可能対象者であればということです。ともかく内実はどこも公表はしませんので推測の域はでていないのが現実です。あくまでも現実に申し込んで見なければ何とも言えません。広告でも下段に必ず{審査結果ではお貸しできない場合もあります}の断り書きがありますので、貸してくれないからといってクレームをつけても恥をかくだけですからお止め下さい。

消費者金融の返済に関する注意点

即日入金

急にお金が必要になったときなど、消費者金融は大変便利です。しかし、消費者金融を利用する場合は、計画的に利用することが大切で、無計画に利用すると、返済のときに苦しい思いをすることになるかもしれません。お金を借りるということは、当然それを返済しなければなりません。

 

しかし、借りたお金をそのまま返済すれば良いのではなく、借りたお金に一定の利子をつけて返済することになります。この利子が想像していた以上にきつく感じることがあるのです。

 

たとえば、リボ払いという返済方法があります。月々の返済額が一定なのでわかりやすいというメリットがありますが、借りた額が大きいと、返済しても返済しても、利子が加わって、なかなか返済が終わらないと感じることがあります。利子というのは借りている期間が長ければ長いほど重くのしかかってくるものなので、リボ払いのように月々の返済額が少なく設定していると、それだけ返済期間が長くなり、利子が重くなってくるのです。このことから言えることは、お金を借りる際の注意点の一つとして、どのような返済方法なのか、その場合どれくらいの期間で完済することができるのかということを考えることです。

 

簡単なシミュレーションをすることができるサイトもあるので利用してみると良いでしょう。基本的には、1日でも早く返済してしまうように返済計画を立てる方が、返済総額を少なくすることができます。そのためお金があるときに、まとめて繰り上げ返済ができるかどうかということも確認してみると良いでしょう。

 

ランキング