カードローンと総量規制の関係について

MENU

カードローンと総量規制の関係について

どうしてもお金が必要なときは、他人に頭をさげてお金を借りるより金融機関からキャッシングする方が気が楽です。キャッシングできるカードを一枚持っているだけで、夜中でもキャッシングできるので、いざという時でも安心です。カードローンは、保証人や担保も必要なく、限度額以内なら何度でも借りられるのでとても人気があります。カードローンを扱っている金融機関はたくさんありますが、銀行と消費者金融のカードローンで大きく違っているのは、総量規制があるかないかです。

 

消費者金融には総量規制があり、年収の3分の1までしか借りることができません。安定した収入があれば、パートやアルバイト、学生でもキャッシングできますが、専業主婦は安定した収入がないので、消費者金融では、キャッシングできない所が多いです。しかし、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもキャッシングできる消費者金融もあります。その場合は、配偶者に安定した収入があることが条件となり、配偶者の同意書が必要となります。

 

銀行のカードローンでは、総量規制がないので専業主婦でもキャッシングができます。しかし銀行の審査はかなり厳しく、審査に通りにくいので気をつけてください。