キャッシングと返還請求について

MENU

キャッシングと返還請求について

キャッシングは、いつでも手軽に必要な現金を借りる事が出来る便利なサービスです。現在は、消費者金融でも、法で定められた金利以上の利息を請求されるという事はなくなっており、安心して利用できるようになっています。
ですが、消費者金融は、少し前まで、法で定められた以上の利息を請求していました。

 

その当時は、出資法の29.2%の金利を採用しても罰則がなかった為、この金利で計算した利息を請求していました。この当時にキャッシングを利用していた人の場合、法で定められた以上の利息を支払っている可能性が高くなります。現在、この法で定められた以上の利息を過払い金とし、返還請求を行えば、その分を取り戻す事が出来るようになっています。

 

返還請求で取り戻せるのは、法で定められた20%から出資法の29.2%の金利までの間、9.2%分です。9.2%分の利息といえば、ほんの僅かではないのかというイメージを持つ人も少なくありませんが、高額を長期間借り入れていた場合、100万円以上の金額が戻ってくるという事も珍しくありません。この過払い金返還請求が行えるのは、最後の返済が終わってから、10年以内です。それを過ぎると、時効となる為、過去に消費者金融を利用していた場合、過払い金の有無を確認しておく事がお勧めです。